貯金

世帯年収550万の共働き子持ち家庭が1年で100万の貯金をつくれるワケ

豚の貯金箱
子どもに習い事もさせたいし、塾にも行かせたい。
将来、大学に行くときのためにお金を貯めたい。
でも、毎月の生活がカツカツで貯金ができない…

という悩みを解決します。

この記事を読めば、1年で100万円貯めるのは難しくないと思えるようになります。

具体的には、

子どものためにお金を貯めたいと考えている
共働きで働いているのにお金が貯まらないと悩んでいる
世帯年収550万の家庭がどうやって100万円貯めているか知りたい

という方におすすめの記事です。

この記事の内容
  • 世帯年収550万円の我が家のリアルな家計簿
  • 1年で100万円の貯金をつくるために、やっていること5つ

子どもが大きくなった時に、好きなことを好きなようにやらせてあげたいのが親心ですよね。

塾にも行かせたいし、習い事もさせてあげたい。

大学にいくときのお金だって貯めなくちゃいけない。

でも、今の生活だと子どもの将来のためどころか、毎月の生活でカツカツで貯金ができずに不安ですよね。

私も結婚するまでは貯金ゼロだったので、子どもが生まれたときに不安でした。

でも、今では1年で無理なく100万円の貯金ができるようになりました。

結論から言うと、1年で100万円貯めるには妻の収入を全て貯金することが重要です。

妻の収入を全て貯金に回すことができれば、1年で自然と100万円貯められます。

あなたの生活と見比べて、節約できることから実践して100万円貯金にチャレンジしてみてくださいね!

結論:100万円貯めるには妻の収入を全て貯金しよう

家 貯金 家計簿
共働き子持ち家庭の場合、妻がパートで扶養の範囲内(年収130万円未満)で働いていることが多いのではないでしょうか?

我が家の場合も妻がパートで扶養の範囲内で働いています。

結論からいうと、1年で100万円貯めるには、妻の収入を全て貯金しましょう。

妻の給料を毎月10万円として、全て貯金できれば

10万×12ヵ月=120万円貯められます。

20万円は冠婚葬祭や急な出費に備えて貯金します。

え?それができたら苦労しないって?

世帯年収550万円あればできます。

ここからは我が家のリアルな家計簿を紹介するので、あなたの家庭と見比べてみてください。

きっとどこかに1年で100万円貯められない原因が隠れているはずです。

年収550万円家庭のリアル家計簿を紹介


家計簿を紹介する前に、我が家の基本情報をお伝えします。

家族構成:私+妻+息子(1歳)の3人暮らし

稼ぎ:私430万+妻120万

手取り:私22万+妻10万+ボーナス年間80万

札幌の郊外に一軒家を構え、車2台所有

妻もパートで働いているため、息子は認可保育園へ

基本情報はこのくらいにして、早速リアルな家計簿を紹介します。

世帯年収550万家庭 毎月のリアル家計簿

こちらが我が家のリアルな家計簿です。

夏と冬で光熱費が変わったりしますが、おおよその金額は変わりません。

住宅ローン 5万円
生命保険 1万5000円(2人で)
食費 3万5000円
お小遣い 2万5000円(2人で)
光熱費 2万円
保育園 3万円
スマホ 5000円(2台で)
インターネット 5000円
ガソリン 1万5000円(2台で)
外食 5000円
子ども関連費 7000円
雑費 8000円
合計 22万円

この家計簿をみてどう思いました?

きっと、住む地域によっては住居費がもっとかかるかもしれませんね。

1年で100万貯金するためにやったこと5つ


妻の給料を全て貯金するためには、夫の給料で生活すべてをやりくりしなくちゃいけません。

そのために、生活費を節約するためにやったことが5つあります。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

支出の把握

まず最初にやったのは、支出を把握することからです。

というのも、何にいくら支出しているか把握しないと、節約のしようがありませんよね。

ただ、支出の把握というと家計簿を1円単位でつけるのを想像してしまいませんか?

そんなめんどくさいことは長続きしないので、一切やっていません。

我が家でやったのは、支出の種類ごとに封筒にお金を分けることから始めました。

最初の1ヵ月は家計の現状を知ることからスタートです。

例えば、思っていたよりも食費がかかるとか、光熱費はこんなにかからないなとか、何にいくらかかっているのかを把握します。

そして、2ヵ月目は1ヵ月目にかかった金額を参考に、封筒に入れる金額を調整しました。

3ヵ月も支出を見ていたら、何にいくら位かかるのかを把握できます。

そして、節約できる項目がないかを検討していくわけです。

固定費の徹底的に削る

固定費とは、生活するのに毎月必ずかかってくるお金のことです。

固定費を削る最大のメリットは、1度削るとその後ずーっとお金が節約できることです。

スマホ料金のプラン変更など、面倒な手続きが必要かもしれませんが、1度の変更で得られる節約効果は絶大です。

固定費の削り方はこの記事を読んでみてください。

【保存版】固定費の節約術まとめ。生活費を削るコツを徹底解説! という悩みにお答えします。 具体的には、 節約したい気持ちはあるけど動けていない 毎月あと3万円くらい余裕...

児童手当てはそのまま貯金に回す

児童手当はそのまま貯金に回すようにしています。

息子は1歳なので、毎月1万5000円もらえます。

実際には4ヵ月に1回、6万円まとめてもらえるので、これを貯金しています。

福どん
福どん
児童手当を使えれば、生活が楽になるのに…。

と、思うことは何度もありますが、1度使ってしまうとあるだけ全部使ってしまうと思うんですよね。

なので、初めから無かったお金として全額貯金しています。

ふるさと納税のフル活用

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付です。

寄付した代わりに、お礼の品として「返礼品」をいただくことができます。

私のおすすめは間違いなくお米とお肉です。

私の場合、収入が420万だと、ざっくり4万円ほどふるさと納税を利用できます。

我が家では毎年、15kgのお米と美味しいお肉をもらっています。

返礼品をお米にすれば、食費を大幅に浮かせることができます。

15kgのお米となれば、5000円近くにはなるはずです。

食費を節約するためには絶対ふるさと納税を利用したほうがいいですよ!

会社員向けにふるさと納税のやり方を解説しました。

まだやっていない人は参考にしてみてください。

会社員のふるさと納税に確定申告は不要!手続きのやり方を超簡単に解説 という、悩みを解決します。 ふるさと納税で毎年お得にお米をゲットしている福どん(@fukudon_don)です! ...

ポイント生活でお得に生活

毎月の支出をコントロールできるようになってから、クレジットカード生活を始めています。

クレジットカードを使って生活すれば、ポイントを貯めてお得に生活できます。

我が家は払えるものは何でも楽天カードで支払うようにしています。

毎月の支出を楽天カードで払うだけで、毎月3000ポイントくらい貯まります。

貯まった3000ポイントを使って、楽天市場で買い物するのもいいと思います。

ただ、我が家は貯金を加速するために、ポイントを利用して投資を始めました。

貯金を加速するためにポイント投資で積み立てNISAスタート

積み立て
投資って聞くだけで『損しそう』とか、『怖い』ってイメージありますよね。

投資を始めたいと妻に言っても『絶対損するからダメ』って即答されちゃいました。

なので、家庭の支出を増やさないことを条件に、貯まった楽天ポイントで投資を始めることにしました。

楽天証券なら貯まった楽天ポイントで1ポイント=1円として投資ができます。

100円から投資できるのでお手軽に始められるのがいいですね。

まずは毎月3000ポイントで手出し金ゼロで投資を始めています。

妻も家庭の支出が増えているわけではないので、特に文句を言うことなく見守ってくれています。笑

投資初心者には積み立てNISAで投資信託を買うことをおすすめします。

まとめ:世帯年収550万の共働き子持ち家庭が1年で100万の貯金をつくれるワケ

世帯年収550万の共働き子持ち家庭が1年でどうやって100万円貯めているかお伝えしました。

1年で100万円貯められる何か参考になれば嬉しいです。

あなたの生活環境に合わせてやりやすいように工夫してみてください。

そうすれば、1年間で100万円貯めることも夢ではありませんよ。

ぜひ、できることから始めてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!