365日貯金

【1分で完成】365日貯金シートの作り方!無料ダウンロードOK!

365日貯金シート 作り方 365日貯金
365日貯金にチャレンジしたいけど、シートの作り方が分からない!

という悩みを解決します。

この記事の内容
  • 私も実際に使っている365日貯金箱とシートの紹介
  • 1分でできる365日貯金シートの作り方
  • 無料でダウンロードOK!365日貯金シート

365日貯金はお手軽に始められる貯金方法として有名ですよね。

私も実際に挑戦している真っ最中です!

でも、始めるのに365日貯金用のシートを準備しなくてはいけません。

1分でできる365日貯金シートの作り方を解説します。

実際に私が使っている、365日貯金シートはこちらです!

365日貯金シート エクセル
私はパソコンで塗りつぶしていく予定なので、シンプルで数字の位置が分かりやすいように作成しました。

今回作成するシートは無料でダウンロードOKです。

365日貯金を始めようと思っている方は、是非使って下さい。

  • パソコン用

>>>>>365日貯金シート エクセル版

  • 印刷用

>>>>>365日貯金シート PDF版

365日貯金で必要なもの

365日貯金を始めるに当たって、必要なものが2つあります。
それは、

  1. 365日貯金に使う貯金箱
  2. 365日貯金用のシート

です。

この2つがあれば簡単に365日貯金を始めることができます。

365日貯金のいいところは、お手軽に貯金が始められてゲーム感覚でできるところです。

貯金できたことないんだよね…。

というかたも、貯金箱と365日貯金シートだけ用意して、ゲーム感覚で始めてみてください。

私が使っている貯金箱の紹介

私が365日貯金で使っている貯金箱は、ペットボトルに穴を開けたものです。

実物はこんな感じです↓↓

ペットボトル貯金箱 ペットボトル

シンプルにペットボトルに穴を開けただけです。

こんなペットボトルの貯金箱使って本当に貯めれるの?

と思うかもしれません。

ペットボトル貯金箱の利点が3つあります。

  1. 貯まった中身が見れる
  2. 簡単に中身を取り出せない
  3. お手軽に作れる

以前、500円玉貯金をしたときにも使ったんですが、なかなかいいんですよ!

100円ショップによく売っている「全部貯めると100万円!」みたいな貯金箱は、中身が見えないのでモチベーションを保つのが難しいんですよね。

その点、ペットボトル貯金は透明なので完璧です。

私が使っている365日貯金シートを紹介

私が使っている365日貯金シートはこちらです!

365日貯金 エクセルシート

エクセルで作ったのですが、わずか1分で完成しました。

私は印刷して使うというより、パソコンで色を塗りつぶしていこうと思っています。

そのため、かわいい!とかオシャレ!というより、パッと見で数字の位置が分かりやすく作りました。

実用性を重視したものになっています。

1分で完成!365日貯金シートの作り方

では、たった1分でエクセルで作れるシンプルな365日貯金シートの作り方を説明しますね。

私が作った方法を説明しますので、装飾してご自身でアレンジしてみるのもいいかもしれません。

作るのはめんどくさいよ!

という人は、最後に無料でダウンロードできる365日貯金シートも置いておきました。

ちなみに、パソコン用にエクセル版と、印刷用にPDF版を作っておきましたので、ご自身の使いやすい方をご利用ください。

エクセルでシンプルな365日貯金シートを作ろう

では、シートの作り方を解説していきますね。

手順自体は多く感じるかもしれませんが、すぐにできることばかりなので、1、2分あれば完成しますので是非やってみて下さい。

手順1.A1セルに「1」、B1セルに「2」と打つ

エクセルシートを開いて、A1セルに「1」、B1セルに「2」と打ちます

手順2.B1セル右下にカーソルを合わせ、T1セルまで移動する

左クリックしながらA1セル、B1セルを範囲選択します。

B1セルの右下にカーソルを合わせます。(カーソルが十字になればOK)
左クリックをしたまま、T1セルまでカーソルを移動させます。

図のようにT1セルに「20」の数字が入ればOKです。

手順3.A2セルに「21」、B2セルに「22」と打ち、「手順2」と同じようにT2セルまで移動する

次は、A2セルに「21」、B2セルに「22」と打ちます。

手順2と同じように、T2セルまでカーソルを移動させます。

T2セルに「40」の数字が入ればOKです。

手順4.A1セルからT2セルまで範囲選択する

A1セルの上で左クリックを押し、そのままT2セルまで範囲選択します。

図のように、選択している場所が青くなればOKです。

手順5.T2セルの右下にカーソルを合わせ、T19セルまで移動する

T2セルの右下にカーソルを合わせ(カーソルが十字になる)、T19セルまで移動させます。

そうすると、T19セルには「380」の数字が入ります。

365以上の数字はいらないので、削除しましょう。

ここまでくれば、365日貯金シートは完成したようなものです。

ただ、このままだと横長で見づらいので、シートをキュッと縮めます。

手順6.A列からT列まで選択し、セルの幅を調整する

shiftキーをクリックを押したまま、A列からT列まで範囲選択をしてます。

そして、T列の右端にカーソルを当てて、お好みの幅に調整します。

ちなみに、私のシートは幅が6.0(1.45cm)になっています。

手順7.文字サイズを調整し、中央に位置させる

A1セルからT19セルまでを範囲指定し、文字サイズを大きくします。

私のシートは16ポイントになっています。

そして、このままだと数字が枠の右端に寄っているので、文字を中央に位置させます。(図の赤枠をクリック)

これで、私が使っている365日シートと同じ物が作れました!

無料ダウンロードOK!シンプルな365日貯金シート

無料でダウンロードOKな365日貯金のシートを用意しました。

シンプルに数字が並べてあり、どこに数字があるか一目で分かるのがメリットですね。

パソコンで使う人向けにエクセル版のものと、印刷して手書きで塗りつぶしていく人向けにPDF版のものを用意しておきました。

ご自身で使いやすい方をダウンロードして、使ってみて下さい。

パソコン用:エクセル版365日貯金シート

エクセル版はこちらになります。

パソコンで塗りつぶしていく人はこちらのシートをご使用ください。
>>>>>365日貯金シート エクセル版

印刷用:PDF版365日貯金シート

PDF版はこちらになります。

>>>>>365日貯金シート PDF版

印刷して手で塗りつぶしていく人はこちらのシートを印刷してご使用ください。

まとめ:【1分で完成】365日貯金シートの作り方!無料ダウンロードOK!

365日貯金は手軽に始められて、ゲーム感覚で続けるのに最適の貯金方法です。

365日貯金に必要なものが2つあり、貯金箱と365日貯金シートです。

今回は、1分で作れる365日貯金シートの作り方を解説しました。

ぜひ、365日貯金にチャレンジしてみてくださいね!